初めて行った出先でトイレに行けるようになりました(軽度発達障害4歳)

 家では、自分ひとりでトイレでおしっこも出来る本児です。外出する時は、まだ不安定で、特に初めて行く所では、どうしても警戒してしまう本児ですが、今まで言った事の無いトイレでおしっこをする事ができました。
 また、教室でも最近とても落ち着いて座ってカードを見るようになっています。3までの数字もちゃんと指差し出来るようになっています。(ママより)脳力開発研究所 

“初めて行った出先でトイレに行けるようになりました(軽度発達障害4歳)” の続きを読む

次々と新しい発音を発声練習しています(発達障害5歳)

 言葉を発するのは、まだ、たまにポツンと本児の気が向いた時だけ。それも1回だけで、もう1回言ってと言ってもなかなか言ってくれません。
 しかし、ご機嫌良く気ままにしている時に、いろんな新しい音声を次々と楽しそうに自由に発音しています。言葉はまだ少なくても、言葉の理解は大変良くなっており、しゃべれなくても知っている単語は多いです。
 普段、自分で気の向くままに自由に新しい発音をして楽しんでいるので、突然、新しい単語を言う事ができるようです。
 当所は、言葉の理解も発音もほとんどなかったのですが、急に言葉が理解できてきたし、発音もできるようになっているので、1ヶ月に1回見て下さる作業療法士の先生から、「この2?3ヶ月の発達はすごい。何があったんだ?」と、言われています。脳力開発研究所 
 

“次々と新しい発音を発声練習しています(発達障害5歳)” の続きを読む

ひらがなを好んで書くようになりました(軽度発達障害3歳)

 ひらがなを読むのが大好きな本児です。最近は、ひらがなだけでなく、カタカナや漢字の混じった文章を読むようになっています。
 まだ、指先は不器用で小さい字は書けませんが、お家ではクレヨンで、療育施設の先生の名前やいろんなひらがなを、画用紙に大きく書いているそうです。
 文字を書きたいのはいいんですが、クレヨンや鉛筆の持ち方が、握り逆持ちで書いています。今のうちに正しい持ち方を教えとかないと、おかしな持ち方に慣れてしまってから後から修正するのは、大変困難です。なので、正しい持ち方でひらがなが書けるように教えましたら、「あいうえお?ん」全部を一緒に書いてくれました。
 お母様にも、本児が鉛筆の正しい持ち方が出来るようにサポートしていただくようお願いしました。脳力開発研究所 

“ひらがなを好んで書くようになりました(軽度発達障害3歳)” の続きを読む

独り立ちできるようになりました(ダウン症2歳)

 前回までは、何かに捕まらないと立ち上がれなかったのですが、今回は、座った姿勢から、自力で立ち上がって5秒位立っている事ができるようになりました。
 足を高く上げる事ができて、30センチくらいの平均台をまたいで反対側へいくのは、もはや自由自在です。
 また、指先が器用になってきて、ドミノ用の積み木を、自分一人で考えて、そうっと積み木を立てて、
そうるようになりました。脳力開発研究所 

“独り立ちできるようになりました(ダウン症2歳)” の続きを読む

「は?い」とお返事できました(発達障害1歳)

 最初は、全く発声も無く、言葉の意味も全く分らなかったのですが、次第に発声が出て来て、喃語を言うようになり、その内に、パパに対してだけ「パパ」と、よく言うようになりました。
 しばらく遅れて、ママに対して「ママ」と言うようになりました。
 まだ、言える単語は、ほんの少しですが、言葉の理解は随分良くなっていると思います。
 療育施設で、これまでは、名前を呼んでくれると、ニコニコしていましたが、声はでませんでした。それが、先日突然、先生が名前を呼んでくれた時に、自分の名前を呼んでくれた時だけ、2回とも「は?い」と、お返事できました。(ママより)脳力開発研究所 

“「は?い」とお返事できました(発達障害1歳)” の続きを読む

排泄が自立できてきました(軽度発達障害4歳)

 家では、パンツで過ごし、自分でトイレに行って押しっこ出来るようになりました。うんちも自分でトイレに行って、お尻ふきだけは、ママに手伝って貰いますが、あとは自分で出来るようになりました。(ママより)
 言葉の理解は大変良く、状況把握もよくできています。
 数にも興味を持ち始め、1と2は理解できるようになってきました。脳力開発研究所 

“排泄が自立できてきました(軽度発達障害4歳)” の続きを読む

言葉が発達してきました(ダウン症5年生)

 新しい単語を次々と言えるようになっています。学校でも先生が、「最近、益々いろんな言葉をポロポロと言うようになったね。」と、言われています。
 また、ダメな事はダメときちんと注意すると、しっかり聞いて、二度としません。記憶もしっかりしていて、数ヶ月前の事でも、小さな出来事でも良く覚えています。知恵もついているので、事の善し悪しをきちんと判断できるように、お母さんは、他の普通の兄弟と全く同じように話して対応して、しつけも出来るそうです。(お母さんより)脳力開発研究所 

“言葉が発達してきました(ダウン症5年生)” の続きを読む

初めて音声の模倣ができました(ダウン症中学3年)

 本児のお母さんは、本児が産まれてから障害をより良く発達させると言われているあらゆる方法を行ってきました。もちろん、特別支援学校にも毎日通ってきました。しかし、言葉の理解も全く無く、発音の基となる音声も発声できていませんでした。
 それが、当所のトレーニングをはじめてから、ようやく喃語がでてきました。そして、今回さらに、初めて音声の模倣ができました。
 運動をしながら、ちょうどお母さんが、「うちの子は、まだ、真似出来ませんよね。」と、言っていた後でした。突然、カードを見ながら、音声の模倣を始めました。
 お母さんが、「ハイハイ。」と言うと、「ハイハイ」。軽く小さな声で言ったので、空耳かな、という感じ。
 豚の絵を見て、「ブッブ?」。「ま、まさか?」お母さんと、思わず顔を合わせました。これまで、「ブ」という音声を出した事がありませんでした。
 水牛の絵を見て、「ムギュウ?」。お母さん「確かにギュウ?だわ。確かに真似してる。」
 他のカードでも、真似して声を出そうと頑張って口を動かしたり、似た声を出しています。
 お母さんと共に、「すごい??。」大感激でした。脳力開発研究所 

“初めて音声の模倣ができました(ダウン症中学3年)” の続きを読む

突然、「麺」と言いました(自閉症5歳)

 ご飯を食べた後、まだお腹が空いていたようで、麺類等を入れている戸棚の戸をしきりと開け閉めしていました。お母さんが、「何か欲しいの」と聞くと、「麺」と、突然答えました。
 日常生活では、ほとんど言葉を発する事が無く、ようやく、たまに名詞を言うことが出来るようになった本児です。これまで、自分の欲しい物を言葉で言う事が出来ませんでしたが、初めて、欲しい物を言えました。
 お母さんは、感激して早速、ラーメンを作ってあげました。すると、本児は、美味しそうに瞬く間にラーメンを平らげました。(お母さんより)脳力開発研究所 

“突然、「麺」と言いました(自閉症5歳)” の続きを読む

初めて音声を真似て発音できました(ダウン症2年生)

 これまで、本児の為に、親御さんは大変な努力をして来られましたが、言葉の理解も音声の模倣も出来ませんでした。ところが、適切なトレーニングをすると、1回目で発音の模倣を次々としてくれました。今後言葉の理解にもつながると思います。今後が楽しみです。脳力開発研究所 

“初めて音声を真似て発音できました(ダウン症2年生)” の続きを読む