普通児に追いつきました。発達障害

 お母さんは、幼児期にはなんとなくトロくさいなあというくらいでしたが、1年生になってから、1学期が終わってもひらがなも覚えられず、勿論読み書きできず、学校の先生から支援学級を強く勧められていました。それから当所に通う様になりました。
 最初の頃は、ひらがなを読むところから始め、算数も簡単な数字を数えるところから始めました。1年生の終わりでも全くテストはできず、学校の先生から支援学級を強く勧められましたが、お母さんの強い希望で普通学級に在籍し続けました。
 2年生の後半ごろから、ようやくテストで点がとれるようになりました。2年生の終わりにはテストで100点もとれるようになりました。
お母さんは、とっても喜んでいます。

普通学級の授業について行っています。発達障害

支援学級に在籍していましたが、レッスンを始めてから学力が上がってきたので、普通学級の授業を受けるようになっています。
この調子で普通学級の授業内容が理解できて、テストでも平均点以上とれ続けると、学校の先生も普通学級に戻れると言ってくれています。

言葉が発達してきました。発達障害

半年前は、「こんにちわ」と言っても全く知らん顔で、もちろん言葉でも返せなかったのですが、トレーニングを続けるうちに言葉の理解と発語が発達してきました。
「こんにちわ」と言うと、「こんにちわ」とすぐに言葉で返せるようになりました。

普通学級について行っています。LD

 普通学級に在籍していますが、1年1学期が終わってもひらがなも読めず、学校の勉強に全くついていけないので、支援学級に行くように先生から強く勧められていました。
お母さんは、強く希望して普通学級在籍をお願いして何とか普通学級に在籍しています。
レッスンを始めてから1年と数ヶ月経つうちに、少しずつ学校の授業内容がわかるようになり、テストでも80点、90点とれるようになりました。
今後の成長が楽しみです。

言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は、単語がポツポツ言えるくらいでしたが、トレーニングを続けるうちに7ヶ月後には、文章で話すことができるようになり、言葉の理解が良くなったので、指示が通りやすくなりました。

言葉が沢山出てきました。知的障害

最初の頃は、単語がポツポツ言える程度でしたが、知性を発達させるためのトレーニングを続けるうちに、言葉の理解が発達し、発語も発達してきました。トレーニングを始めてから5ヶ月後には、2語文3語文でも話すことが多くなってきました。