言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は発語がほとんど無く、言葉の理解も標準より低いので、指示が通りにくかったのですが、トレーニングを続けるうちに言葉の理解も発語も発達してきて、指示が通りやすくなり、また、本児が思っていることを言葉に出して言える様になってきました。同時に、癇癪も減ってきました。

感じの読み書きが得意です。発達障害

幼児期からひらがな、カタカナ、漢字、これらが混じった文章をたくさん読んできました。そうすると、文章の読解力が付いていて、小学校でも漢字のテストはほとんど100点で、文章読解も良くできています。

言葉が発達してきました。発達障害

言葉の理解も発語も標準より遅れていましたが、トレーニングを続けるうちに少しずつ発達してきました。言葉の理解が良くなったので指示が通りやすくなり発語も新しい言葉をたくさん言える様になってきました。

文章題が解ける様になりました。LD

1年生の時は、計算はなんとかできましたが、文章題は全く読み解くことができませんでした。
 2年生の後半、レッスンを始めてから3ヶ月も経つと文章題も解ける様になり、算数のテストも90点とれる様になりました。

普通児について行っています。自閉症

3歳ごろは、明らかに自閉症の症状がありましたが、トレーニングを続けるうちに、情緒も知性も向上して、小学校に上がるまでには、普通児と同じ様に行動できる様になりました。
 小学校でも普通児と同じ様に行動できており、国語のテストでも100点がとれました。今後もこの調子で普通に成長していくことを心から期待しています。

かけ算の応用ができました。LD

お寿司屋さんで、これまではいつも1皿づつ数えていましたが、突然、8枚づつまとめてかけ算して全部の枚数を数えました。
 嬉しい報告をお母さんが知らせて下さいました。