言葉が出てきました。発達障害

 最初の頃は、言葉が全く出ていなかったのですが、言葉の発達を促進するためにレッスンを続けるうちに、言葉の理解が良くなり、指示に従って行動できることが多くなり、その後、発語も出てきました。バイバイ、パン、パパ、ママなどが言えるようになりました。

癇癪が軽減してきました。発達障害

 最初の頃は、ちょっとでも気に入らないことがあると、激しく頭突きをしたり、蹴ったり、床でも地べたでもひっくり返って大泣き怒りしてなかなか泣き止みませんでした。言葉の理解があまり良くないのもあり、何を言っても聞きませんでした。まだ3歳なので、おじいちゃんが抱きかかえ上げると、何とか止まっていました。
 そんな状態からトレーニングを続けているうちに、少しずつ癇癪が軽減してきました。4ヶ月後には、気に入らないことがあると、「ビ〜〜〜」とか、相手をぐ〜ッと睨むとか、頭突きをするとかしますが、以前のように地べたにひっくり返って泣き叫ぶということはしなくなりました。そして、言葉の理解が良くなったので、言葉で言い聞かせると、納得することもあり、怒っていても3分もたつと、一人でにご機嫌が治るようになりました。
 お母さんは、今でも大変ですが、以前に比べると随分楽になっています。

漢字も得意です。。自閉症

幼児期から文字が好きで、ひらがな、カタカナ、漢字もたくさん覚えていて、修学前の6歳では、小学生で習う漢字混じりの文章を読んでいました。
 従って、小学校に入っても、文章の読解力もあり、漢字のテストはいつも100点です。
 今後の成長が楽しみです。

多動が軽減してきました。発達障害

 最初の頃は、保育園でも多動が目立ち、他の子供たちとお同じように行動することが難しかったのですが、トレーニングを継続するうちに少しずつ多動が軽減してきました。
 1年前の運動会では、一人だけ飛び出して走り回っていたのですが、約1年後には、運動会でもみんなと一緒にみんなの中に溶け込んで行動できるようになりました。

多動が軽減しています。発達障害

 最初の頃は多動があり、五分おきに立ち上がって部屋を出ようとしたりしていました。トレーニングを始めてから少しずつ多動が軽減し、4カ月ほど経つと、一時間ずっと座って次々と課題をするようになりました。
 今後の成長が楽しみです。
脳力開発研究所