漢字も書けるようになりました。自閉症

 今まで漢字は読めていたのですが、書くのはひらがなだけでした。新しいことは苦手なので、漢字を書くにも、最初は大変嫌がっていましたが、少しずつ漢字も練習していると、習得した漢字は、得意になって書くようになりました。

学校の授業についていけてます。発達障害

 最初の頃は、学校の授業に全くついていけなくなっていて、学校の先生から、支援学級に行くことを勧められていました。
 特に算数が全く分からなくなっていたので、算数を中心に、本人が理解できるところまで具体的に示して、本人の理解力を伸ばすように指導を続けました。
 1年後には、学校の授業の内容が分かるようになり、学校のテストでも平均的な点数がとれる様になってきました。
 今後の成長が楽しみです。

言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は、ほとんど発語が無くて理解語も「バイバイ、ちょうだい」がわかる程度でした。
 トレーニングを続けるうちに、少しずつ言葉への反応が良くなり、言葉の真似もよくできるようになりました。言葉の理解が良くなると、絵本も持ってきて読んでもらいたがるようになってきました。
 今後の成長が楽しみです。

形の認識が良くなってきました。発達障害

 最初の頃は、形は見えているはずなのにきちんと認識されていないので、簡単なパズルでもなかなか同じ形を見つけられませんでした。
 その後、いろんな絵を見せたりパズルを嵌めたりしていると、少しずつ形の認識が良くなってきて、形をきちんと見てパズルを嵌めれるようになってきました。
文字も読めるようになってきました。
 今後の成長が楽しみです。

言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は、単語がいくつか喋れる状態でしたが、レッスンを続けるうちに少しずつ言葉の理解が良くなり、「〜持ってきて」というと、知っているものは持ってこれるようになりました。
 また、発語も増えてきています。
 今後の成長が楽しみです。

読解力がついてきました。LD

最初の頃は、文章を読むのが大嫌いでした。国語の教科書を読むだけでも嫌がっていましたが、短い文章を沢山読んだり、一緒に読解問題を解いていくうちに少しずつ文章を読むのが楽になってきました。
 学校のテストも平均点以上とれるようになってきました。読解力は、全教科の土台になるので、算数の文章題も理解が早くなっています。
 今後とも順調に学校の授業についていけるように期待しています。

言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は、ほとんど言葉が出なかったのですが、言葉を発達させるトレーニングを続けるうちに、少しずつ言葉の理解が良くなってきました。
 保育園でも、保母さんの指示が通りやすくなったと言われるようになりました。それから、言葉の真似がよくできるようになり、発語も出てきました。
 今後の成長が楽しみです。

言葉が発達してきました。発達障害

 最初の頃は、言葉が全く出てなかったのですが、レッスンを始めてから少しずつ言葉の真似ができるようになり、3ヶ月後には、真似だけでは無く自発語も出てきました。
 今後の成長が楽しみです。

ひらがな読むのが楽しい遊びです。発達障害

 急速に知性が伸びています。言葉の理解では、ほぼ健常児に追いつきました。最近では、反対語に興味を持っていて、反対語のひらがなを読むのが楽しい遊びになっています。反対語の中でも、年齢平均以上の水準である右左も解るようになりました。